金足農ナイン、8強入りを懸けた横浜戦へ調整

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
打撃練習前に素振りをする金足農ナイン=大阪府豊中市の豊中ローズ球場

 第100回全国高校野球選手権記念大会(甲子園球場)第13日の17日、本県代表の金足農は第2試合(午前10時半試合開始予定)の3回戦で横浜(南神奈川)と対戦する。公立校で唯一勝ち残り、東北勢でも最後のとりでとなった。16日は大阪府豊中市の豊中ローズ球場で練習を行い、8強入りを懸けた戦いに備えた。

 午前11時に練習が始まり、時折雨が降る中で約2時間、汗を流した。主力組は素振りをした後にフリー打撃を行い、2回戦で本塁打を放った大友朝陽(3年)は外野に力強い打球を飛ばした。

(全文 627 文字 / 残り 391 文字)