NYで辺野古移設反対デモ 在米邦人、翁長氏遺志継ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
15日、米ニューヨークの日本総領事館前で、翁長沖縄県知事を追悼し普天間飛行場の辺野古への移設に反対する在留邦人ら(共同)

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの日本総領事館前で15日、在留邦人ら約10人が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を阻止しようと、安倍政権と相対してきた翁長雄志知事を追悼し、移設に反対するデモを行った。

 ニューヨーク在住の文筆業八巻由利子さん(61)=東京都出身=は「翁長氏は保守派だったのに移設反対の意思が強かった。最期まで闘った遺志を継ぎ、米国に暮らす日本人として頑張りたい」と語った。米在住の長島志津子さん=青森県十和田市出身=は、辺野古埋め立て承認の撤回をアピールする横断幕を手に参加した。