岡田、新種の恐竜創作? 「ジュラシックW」PR

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イベントに登場した(左から)とろサーモンの村田秀亮、久保田かずのぶ、岡田結実=16日、東京都内

 公開中の映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のPRイベントが東京都内で開かれ、タレントの岡田結実、お笑いコンビ「とろサーモン」(村田秀亮、久保田かずのぶ)が登場した。

 イベントでは夏休みの自由研究と題して同作の魅力を特技で伝えることに。岡田は「弱っている恐竜がいたら敵や味方は関係なく助けてあげる」という自ら創作した新種の恐竜を絵日記に描いた。

 奔放すぎる絵と構想に、久保田が「僕が医者なら『最近、何かありましたか』と言うと思う」とこきおろすと、村田は「ただ色使いは天才」と慌ててフォローした。

 岡田はお笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右の長女。個性は学生時代の自由研究でも発揮されていたようで、「ママのつけ爪で絵を作ったら、家族から『気持ち悪い』と反対され、違うものを作った」とか。久保田は「なるほど。それでお父さんは(娘との)共演NGを出したの?」とイジっていた。