外山純氏が死去 元秋田商高サッカー部監督、69歳

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
外山純氏

 秋田商業高校サッカー部で、選手として全国優勝を果たし、監督として全国選手権4強に2度導いた外山純(とやま・じゅん)さんが11日午前0時15分、胃がんのため秋田市の病院で死去した。69歳。秋田市出身。葬儀は近親者のみで行った。お別れの会は9月9日午後3時から秋田市中通1の3の5、秋田キャッスルホテルで。喪主は長女奈央子(なおこ)さん。

 秋田商高3年時に主将、ゴールキーパーとして全国選手権で藤枝東高(静岡)と両校優勝を飾った。

(全文 449 文字 / 残り 235 文字)