「マサル」縫いぐるみ、予約好調 アジアや欧州からも注文

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「マサル」をモデルに作られた縫いぐるみ

 フィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=に贈られた秋田犬「マサル」をモデルにした縫いぐるみの予約注文が好調だ。販売する秋田犬保存会(本部・秋田県大館市、遠藤敬会長)には、今月1日の受け付け開始から15日時点で300件を超す申し込みがあった。国内のみならずアジアや欧州からも注文があり、ほとんどが複数個の購入を希望しているという。同会は「予想以上の反響」と驚いている。

 縫いぐるみは、立ったポーズのMサイズ(高さ22センチ、税別2500円)とLサイズ(36センチ、同6800円)、座ったポーズのMサイズ(22センチ、同2500円)とLサイズ(37センチ、同6800円)の4種類。手にかぶせて動かせるパペット2種類もある。

(全文 616 文字 / 残り 294 文字)