「楽しみだけど緊張」 本荘追分全国大会、初の非日系人参戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブラジルから非日系人として本荘追分全国大会に初出場するイングリッジさん

 秋田県由利本荘市で18日に開かれる第35回本荘追分全国大会に、ブラジル代表として出場するエスピンドラ・イングリッジさん(24)=リオ在住=が出場する。ブラジル代表の参加は33回大会以降3人目だが、非日系人は初めて。16日に秋田魁新報社本荘支局を訪れ、抱負を語った。

 イングリッジさんは民謡歴3年ながら、2月にサンパウロで開かれた第3回本荘追分ブラジル大会で総合優勝を果たし、出場権を得た。来日は初めて。

 今年は日本人のブラジル移住110周年に当たる。現地のニッケイ新聞によると、非日系人の優勝は民謡界初で、同紙には「110年目の奇跡」と大きな見出しが躍った。

(全文 722 文字 / 残り 442 文字)