写真で振り返る:金足農の一番長い夏【甲子園1回戦~準決勝】

お気に入りに登録

 100回目の夏の甲子園、秋田県代表の金足農が強豪を次々に破り、103年ぶりの準優勝を果たしました。エース吉田の力投や窮地での逆転ホームラン、準々決勝では逆転サヨナラの2ランスクイズを決めるなど、ドラマチックなプレーの数々で甲子園の主役に躍り出ました。「公立の星」「農業高校の雄」とも呼ばれ、全国の野球ファンをとりこにしている金足農ナインの姿をカメラが追いました。