準決勝は「自分信じ采配を」 名将が金足農・中泉監督称賛

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ベンチ前の円陣で選手に言葉を掛ける金足農の中泉監督(左から2人目)=18日、甲子園
ベンチ前の円陣で選手に言葉を掛ける金足農の中泉監督(左から2人目)=18日、甲子園

 第100回全国高校野球選手権記念大会で34年ぶりの4強入りを果たした金足農。チームを率いる中泉一豊監督(45)は元監督・嶋崎久美さん(70)=五城目町=と秋田商業の元監督・小野平さん(69)=能代市=から選手、指導者として薫陶を受けた。名将2人は、中泉監督の采配をたたえ、準決勝に向けて「ありのままのプレーを」とエールを送る。

 18日の準々決勝・近江(滋賀)戦。中泉監督は1点ビハインドの九回裏、無死満塁の好機でスクイズを指示し劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

(全文 840 文字 / 残り 611 文字)

金足農―日大三戦、一打席速報!

秋田県勢の甲子園戦績(選手権)