「北前船で街に活気」 由利本荘市、児童が知識深め新聞作り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
意見を交わしながら学んだことを新聞にまとめる児童ら
意見を交わしながら学んだことを新聞にまとめる児童ら

 日本遺産「北前船寄港地・船主集落」の認定自治体を対象とした「北前船こども交流拡大プロジェクト」がこのほど、秋田県由利本荘市北裏地のボートプラザアクアパルを主会場に開かれた。地元の鶴舞、新山両小学校の5年生計26人が、北前船で繁栄した古雪湊と石脇湊の関連スポットを巡って知識を深め、学習成果を「北前船こども新聞」にまとめた。

 日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環で、「北前船交流拡大機構」が実施。認定されている15道府県38市町のうち、各道府県から1自治体を選んで行っている。

(全文 863 文字 / 残り 623 文字)