夏の甲子園、金足農が決勝進出! 県勢103年ぶり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県勢103年ぶりの決勝進出を決め、笑顔で応援団のもとへあいさつに向かう金足農ナイン=甲子園

 第100回全国高校野球選手権記念大会第15日は20日、甲子園球場で準決勝2試合を行った。第1試合に登場した秋田県代表の金足農は日大三(西東京)を2―1で下し、初の決勝に進んだ。

 県勢が決勝に進んだのは第1回大会(当時は全国中等学校優勝野球大会)で準優勝した秋田中(現秋田)以来、103年ぶり。公立校としては優勝した2007年の佐賀北(佐賀)以来、11年ぶりの決勝進出。県勢、東北勢として悲願の初優勝を目指す金足農は21日の決勝(午後2時開始予定)で大阪桐蔭(北大阪)と対戦する。

(全文 588 文字 / 残り 348 文字)

金足農―日大三の一打席速報です

秋田の最新ニュース