未来技術遺産にコーラ自販機 国立科学博物館が選定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ガラス瓶飲料用の自販機(国立科学博物館提供)

 国立科学博物館は21日、未来に引き継ぐべき重要科学技術史資料(愛称・未来技術遺産)として、国内で普及したコカ・コーラの自動販売機や世界初のクオーツ式腕時計など19件を選んだと発表した。

 自販機は新三菱重工業(現・三菱重工)が1962年から製造。ガラス瓶のコーラなどを売っており、斜めになった棚に商品を入れ、取り出し口へ転がるようにした。現在の自販機につながる技術を備え、“自販機大国”といわれる日本の生活様式を作り出した。

 セイコーの「クオーツアストロン35SQ」は、諏訪精工舎(現・セイコーエプソン)が69年に製作した世界初のクオーツ式腕時計。