「しゃっけやつ、うめどー」 しゃべる自販機、由利鉄駅舎に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
由利鉄の従業員や車内放送の音声が流れる「しゃべる自販機」=矢島駅
由利鉄の従業員や車内放送の音声が流れる「しゃべる自販機」=矢島駅

 秋田県由利本荘市を走る由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅舎に、おしゃべり機能が付いた自動販売機がお目見えした。由利鉄従業員の秋田弁や、車内放送など、ユニークな音声を楽しめる。

 「しゃべる自販機」は飲料メーカー「ダイドードリンコ」(本社大阪市)が全国で展開。今回の自販機は由利鉄を応援しようと企画し、矢島、薬師堂、羽後本荘の各駅に設置した。自販機はYR―3000形の車体を模した3種類のデザインで、背面にはヘッドマークが付いた列車の先頭部が描かれている。ダイドードリンコの秋田県担当・石郷岡秀人さん(42)は「話題性を重視した」と話す。

(全文 521 文字 / 残り 256 文字)