「はなび・アム」に入館待ちの行列 大仙市、花火の魅力堪能

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大勢の観光客でにぎわった「はなび・アム」
大勢の観光客でにぎわった「はなび・アム」

 25日に大曲の花火が開かれた秋田県大仙市では、今月開館した花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」が人気を博したほか、観光客の宿泊の受け皿となるイベント民泊も初めて行われた。

 はなび・アムは今月5日、花火会場に近い大曲大町にオープン。25日は午後から入館待ちの人たちの行列ができた。花火作りを疑似体験できるコーナーでは、来場者がさまざまな色の火薬を配色して画面上で打ち上げ、花火の魅力を堪能。過去の大会提供花火の鑑賞コーナーや、花火師のはんてんの展示コーナーも人気を集めた。

(全文 490 文字 / 残り 253 文字)