秋田新幹線新トンネル整備 期成同盟、国の支援拡充狙う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田新幹線の秋田、岩手県境で検討されている防災対策トンネルの整備促進期成同盟会が、国とJR東日本への要望活動を皮切りに、実現に向けて動き始めた。期成同盟会の設立時は沿線自治体の足並みがそろうか懸念されたが、一度は参加を保留した岩手県も要望活動に加わっている。防災対策トンネルの必要性について両県の思いは一致しており、国の財政支援をいかに引き出せるかが焦点だ。

 「トンネルができると本県の交通体系(の改善)は前に進む。大臣は必要性を認識していた」

 佐竹敬久知事は今月上旬、期成同盟会の顧問として石井啓一国土交通相との面会を終え、こう口にした。

(全文 1168 文字 / 残り 897 文字)

同じキーワードのイベント情報