秋田犬商品、お盆土産に人気 空港では縫いぐるみが1位

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR秋田駅ビル・トピコの店内で土産を選ぶ帰省客=16日
JR秋田駅ビル・トピコの店内で土産を選ぶ帰省客=16日

 今夏のお盆休み期間中(11~16日)、秋田市内の土産物店は例年同様、帰省客や観光客でにぎわった。定番の菓子のほか、今年に入り人気が上昇している秋田犬の関連商品も売れ行きが好調だった。

 アトリオン内のあきた県産品プラザ(秋田市中通)の売り上げ点数ランキングによると、1位は一乃穂(同市)の「しとぎ豆がき20枚入り」、2位はJA大潟村(同村)の「パンプキンパイ」で、定番商品が上位に入った。

 秋田空港ターミナルビル(秋田市雄和)の土産物売り場の売り上げは3・6%減。売り上げ点数の1位は秋田、大館能代両空港ターミナルビルが昨年12月に発売した「秋田犬ぬいぐるみ」、2位はみうら庵(北秋田市)の「もちもち三角バター餅」だった。

(全文 852 文字 / 残り 541 文字)