ボンネットバス、町を循環 五城目町、10月から試験運行

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
五城目町中心部のコミュニティーバスに使用する予定のボンネットバス(秋田中央トランスポート提供)
五城目町中心部のコミュニティーバスに使用する予定のボンネットバス(秋田中央トランスポート提供)

 秋田県五城目町は10月1日から、町中心部を循環するコミュニティーバスの試験運行を計画している。五城目バスターミナル(BT)を起点に、商業施設や町役場、病院などを巡るルートで、1年間を予定。高齢者をはじめとする住民や観光客の利用実態を分析し、本格運行の可能性を探る考えだ。

 町は現在、路線バスの廃止に伴い交通空白地域となった馬場目、富津内、内川、森山各地区と町中心部を結ぶ予約制(デマンド)乗合タクシーを運行しているが、町中心部の各地を巡る交通手段は一般タクシーに限られ、利便性の向上が課題となっている。これを受け町地域公共交通協議会は、町中心部を循環するコミュニティーバスの導入を検討してきた。

(全文 762 文字 / 残り 464 文字)