キノコ採り前にクマ出没警報を延長 県、10月末まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 秋田県は28日、今月末まで発令しているツキノワグマ出没警報を10月末まで延長すると発表した。

 同課は、食料を求めて人里近くにすみ着くクマが年々増えている可能性があると指摘。「これからキノコ採りシーズンを迎え、クマと遭遇するリスクが高まる。単独での入山は控え、クマが目撃された場所には絶対に近づかないでほしい」としている。

(全文 270 文字 / 残り 109 文字)