金足農に農水相感謝状へ 農業高校への関心喚起

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 農林水産省は29日、第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した秋田市の金足農に、農林水産大臣感謝状を贈ると発表した。同省就農・女性課農業教育グループは「農業高校として戦後初の準優勝に輝いた金足農の活躍は、農業高校や農業全体への関心を高めてくれた」としている。来月3日に、秋田市の東北農政局秋田県拠点で、藤井雅弘地方参事官が渡辺勉校長と中泉一豊監督に贈る予定。

 同グループによると、農業系高校が同大会で決勝に進出したのは、日本統治下にあった1931年、台湾の嘉義(かぎ)農林が準優勝して以来という。全国の若い農業者らに勇気や自信を与えたことに加え、斎藤健農相の意向なども踏まえたとした。

(全文 523 文字 / 残り 227 文字)

秋田の最新ニュース