金足農野球部に県民栄誉章授与へ 知事「県民に夢と希望」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹知事(右)からリンドウの花束を受け取る選手

 佐竹敬久秋田県知事は30日、第100回全国高校野球選手権記念大会(甲子園)で、県勢として103年ぶりに準優勝した金足農野球部に県民栄誉章を授与すると明らかにした。甲子園出場報告のため県庁を訪れた選手らに伝えた。

 県正庁で行われた報告会には佐々木大夢(ひろむ)主将ら試合に出場した3年生8人のほか、渡辺勉校長、中泉一豊監督、久米信彦部長が出席。吉田輝星(こうせい)投手(3年)はU18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場するため欠席した。

(全文 585 文字 / 残り 364 文字)