秋田精工、工場を増築 半導体や液晶、関連部品増産へ対応

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
増築工事が進む秋田精工の本社工場
増築工事が進む秋田精工の本社工場

 産業機械製造の秋田精工(秋田県由利本荘市、須田浩生社長)は、半導体や液晶パネルを製造する装置に使用される部品の増産に向け、本社工場の増築を進めている。新たな部品加工設備を導入し、生産性を向上させることで、取引先からの強い引き合いに対応したい考え。総事業費は約12億円。自己資金や県の補助金などを充てる。

(全文 563 文字 / 残り 411 文字)