「甲子園楽しめた」 金足農野球部、準優勝を報告【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
全国高校野球選手権記念大会での準優勝を報告する金足農の佐々木主将(左から3人目)、菅原副主将(同2人目)ら
全国高校野球選手権記念大会での準優勝を報告する金足農の佐々木主将(左から3人目)、菅原副主将(同2人目)ら

 第100回全国高校野球選手権記念大会(甲子園球場)で準優勝した金足農の佐々木大夢(ひろむ)主将(3年)ら5人が31日、秋田魁新報社を訪れ、大会報告を行った。佐々木主将は「たくさんの応援のおかげで勝ち進むことができた。『感動をありがとう』と言われるが、自分たちが感謝しなければならない」と述べた。

 同社を訪れたのは佐々木主将のほか、菅原天空(たく)副主将(同)、中泉一豊監督、久米信彦部長、渡辺勉校長。同社から、甲子園でナインが校歌を熱唱する場面のパネルなどが贈られた。

 中泉監督は快進撃を続けたチームを「選手が考えながら動いてくれた。監督としては助かる部分が多かった」と振り返った。左翼手の佐々木主将、二塁手の菅原副主将は、ともに勝負強い打撃と好守備を見せた。菅原副主将は「たくさんの声援をいただいて、甲子園を楽しむことができた」と笑顔を見せた。

(全文 545 文字 / 残り 171 文字)