「マサル」縫いぐるみ発売 予約好調、Mサイズすでに品切れ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田犬会館で販売が開始された秋田犬の縫いぐるみ
秋田犬会館で販売が開始された秋田犬の縫いぐるみ

 秋田犬保存会(本部・秋田県大館市、遠藤敬会長)は3日、フィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=に贈った秋田犬「マサル」をモデルにした縫いぐるみの販売を、同市の秋田犬会館で始めた。8月1日から受け付けている予約注文が好調で、一部商品は既に品切れとなっている。

 縫いぐるみは立ったポーズのMサイズ(高さ22センチ、税別2500円)とLサイズ(36センチ、同6800円)、座ったポーズのMサイズ(22センチ、同2500円)とLサイズ(37センチ、同6800円)の4種類。手にかぶせて動かせるパペット2種類もある。各ポーズのMサイズは在庫がなく、販売再開は今月下旬になる見通し。

 宅配も受け付けており、同会ホームページの専用フォーム、または電話で申し込む。問い合わせは秋田犬保存会事務局TEL0186・42・2502

(全文 452 文字 / 残り 85 文字)

同じキーワードのイベント情報