獅子舞や番楽、優雅に舞う にかほで鳥海山伝承芸能祭

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優雅に舞った「大日堂子ども獅子舞」
優雅に舞った「大日堂子ども獅子舞」

 「第9回鳥海山伝承芸能祭」が2日、秋田県にかほ市象潟町小滝の金峰神社境内の特設ステージで開かれた。子どもたちによる獅子舞をはじめとした多彩な舞や番楽など七つの民俗芸能が披露された。市、市教育委員会、市伝承芸能保存団体連絡協議会の主催。

 「大日堂子ども獅子舞」では、舞い手を務めた兒島大地さん(18)と佐藤辰哉さん(17)が獅子の口を大きく開けたり、歯打ちしたりしながら舞台をゆっくりと回る優雅な舞を披露。「釜ケ台番楽」では、木村斗真君(9)と阿部菫さん(10)による「子ども獅子舞」が演じられ、大人顔負けの甲高い「カンカン」という音を響かせ、来場者から大きな拍手を送られていた。

(全文 598 文字 / 残り 308 文字)