リンゴやブドウ食べ比べ 県果樹試験場参観デー【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
赤く実ったリンゴをもぎ取る親子
赤く実ったリンゴをもぎ取る親子

 秋田県横手市平鹿町の県果樹試験場を開放する「参観デー」が8日、行われた。市内外から農家や家族連れらが大勢訪れ、リンゴの収穫体験や果物の試食などを楽しんだ。

 生産者に日々の研究内容を紹介するとともに、消費者に果樹を身近に感じてもらおうと毎年開かれている。今年で36回目。

 多品種のリンゴやサクランボ、ブドウなどが植えられた場内には、研究内容を示したパネルを展示。雪害や病害虫の予防に関する研究が目立ち、訪れた農家がじっくりと目を通していた。また、畑には、果樹の特徴などに関するクイズが書かれた立て札が10カ所に設置され、8問以上正解した人にはナシやリンゴが贈呈された。

(全文 598 文字 / 残り 314 文字)