火おこしや石器作り、弥生の暮らし体験 秋田市【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
懸命に棒を回転させた火おこし体験
懸命に棒を回転させた火おこし体験

 火おこしや土器を使った煮炊きの体験講座が8日、秋田市御所野の国指定史跡・地蔵田遺跡「弥生っこ村」で開かれた。市内の親子22人が参加し、弥生時代の暮らしの一端に触れた。弥生時代の人々の知恵や工夫を学び、先人の暮らしへの理解を深めてもらおうと市文化振興課が企画した。

 参加者は3グループに分かれ、木の棒を十字に交差させてひもでつないだ「マイギリ」と呼ばれる道具を使って火おこしに挑戦。横の棒を上下させて縦の棒を回転させる際、指導役の市民ボランティアから「あまり力を入れすぎないで」「マイギリと木の板を平行にして」といったアドバイスが飛んだ。

(全文 632 文字 / 残り 363 文字)