鳳鳴が県北地区V、秋季高校野球 県南は大曲工制覇

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【能代―大館鳳鳴】逆転サヨナラ勝ちを収め喜びを爆発させる大館鳳鳴ナイン=田代球場

 2018年度秋季高校野球地区大会は11日、3地区で行われ、県北では大館鳳鳴が能代を下して3年ぶり7度目、県南では大曲工が大曲を破って4年ぶり8度目の優勝を飾った。中央は準決勝を実施し、秋田商と由利が決勝に進んだ。各地区代表決定戦の結果、県北では能代松陽と大館桂桜、中央では本荘が新たに県大会出場を決めた。

 12日は中央で決勝と代表決定戦2試合、県南で代表決定戦3試合を行う。

(全文 738 文字 / 残り 550 文字)

秋田の最新ニュース