避難生活への感謝込め 秋田市、被災者ら手作り品を展示販売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 東日本大震災で被災し、本県に避難している人たちの手作り品の展示販売会が、秋田市楢山の「コーヒー&ニットIVY」で開かれている。避難者らでつくるサークル「秋田de Handmade Market」(高畑美幸代表)の主催。30日まで。

 サークルのメンバー6人が手作りしたビーズのアクセサリーや毛糸で編んだ小物など約600点を展示。宮城県東松島市から避難した40代女性は「いつもありがとう」のメッセージと、柔らかな色使いで柿を描いたカードを出品した。

(全文 319 文字 / 残り 96 文字)