ハピネッツ15日から国際親善試合 敬老の日前、お得な席も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2年ぶりとなるホームでのプレシーズンゲームを前に、練習に汗を流す秋田の選手たち=秋田市の秋田銀行体育館

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は15、16の両日午後2時から、秋田市のCNAアリーナで、韓国プロリーグKBLの昌原(チャンウォン)LGセイカーズと国際親善試合を戦う。ホームでのプレシーズンゲームは2年ぶり。東北アーリー・カップで見えた守備と連係の課題をどこまで解消できるか、注目される。

 秋田は8、9日の東北アーリー・カップで連覇を狙ったが、準決勝で2部(B2)青森に苦戦し、決勝でもB2仙台に敗れて準優勝に終わった。昨年は圧勝で制しただけに、今回は内容、結果とも物足りなさが残った。

 2年ぶりのB1開幕を控えたプレシーズンゲームとあって、運営する秋田NH社も集客に力を入れる。17日の「敬老の日」を前にした企画として「敬籠(けいろう)65チケット」と題し、65歳以上の来場者は2階自由席を15日に無料、16日に千円とする。

(全文 747 文字 / 残り 361 文字)