防衛省「適地」でも秋田市が独自検証 地上イージス

お気に入りに登録

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を候補地とする地上イージス配備計画を巡り、穂積志市長は13日、防衛省が現地調査の結果、新屋を「適地」と判断した場合でも、市独自に検証する考えを明らかにした。市議会9月定例会の一般質問で「(防衛省の判断が)合理的かどうかを市が検討、検証する」と答えた。

(全文 373 文字 / 残り 233 文字)