女子ゴルフ鈴木、香妻が首位発進 マンシング東海第1日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第1日、18番でパーパットを決め、声援に応える鈴木愛。6アンダーで首位=新南愛知CC

 マンシングウェア東海クラシック第1日(14日・愛知県新南愛知CC=6446ヤード、パー72)2年連続の賞金女王を狙う鈴木愛とツアー未勝利の香妻琴乃が66で回り、6アンダーで首位に並んだ。1打差の3位にツアー2勝目を狙う19歳の新垣比菜が続き、さらに1打差の4位にイ・ミニョン(韓国)がつけた。

 69の5位に福田真未や2015年大会優勝のキム・ハヌル(韓国)ら4人。70の9位に17歳のアマチュア、安田祐香(兵庫・滝川二高)らが続く。昨年覇者の川岸史果は76の93位と出遅れた。(賞金総額8千万円、優勝賞金1440万円、出場108選手=アマ6、曇り時々雨)

同じジャンルのニュース