ナガマツ4強逃す バドミントンジャパンOP、米元組も敗退

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルス準々決勝で中国組に敗れた永原(右)、松本組=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バドミントンのジャパン・オープンは14日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の準々決勝が行われ、男子シングルスで世界選手権覇者の桃田賢斗(NTT東日本)が2008年北京、12年ロンドン両五輪金メダルの林丹(中国)に2―0で快勝し、準決勝に進んだ。

 女子ダブルスで世界ランキング1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)はタイのペアにストレート勝ち。世界選手権を制した永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は中国ペアに0―2で屈した。

(全文 377 文字 / 残り 152 文字)