金農・新チーム初陣に2千人 秋季高校野球、異例のにぎわい

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
金足農の新チーム初戦を見ようと、観客席には約2千人が詰め掛けた=こまちスタジアム

 第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農の新チームが16日、秋季東北高校野球県大会の初戦に臨み、大館桂桜に8―7で逆転勝ちを収めた。試合が行われた秋田市のこまちスタジアムには約2千人の観客が詰め掛け、新チームの初陣に熱い視線を送った。

 県高野連によると、秋の県大会にこれだけの人が入るのは珍しいという。甲子園でプレーした3年生のうち7人は、本部席から後輩の戦いを見守った。

(全文 570 文字 / 残り 376 文字)