秋の味覚、たわわに 秋田市、ブドウやリンゴの収穫盛期

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブドウ狩りを楽しむ子ども=秋田市雄和の花木観光農園
ブドウ狩りを楽しむ子ども=秋田市雄和の花木観光農園

 秋の味覚の収穫が秋田市でも盛期を迎えている。3連休中日の16日は天候に恵まれ、雄和の農園はブドウ狩りを楽しむ家族連れでにぎわった。河辺の果樹園では、農家がリンゴのわせ種の収穫に精を出していた。

 市が管理する雄和の花木(かぼく)観光農園では10日から、ブドウ狩りが始まっている。約1ヘクタールの園内には約200本のキャンベルが植えられ、紫色の房がたわわに実った。

 来場者を案内していた横田定和さん(67)は「甘くなってくれたし、例年に比べて色づきもいい」と話す。

(全文 619 文字 / 残り 388 文字)