地上イージス「日米両用は常識」 政府見解受け知事が持論

お気に入りに登録

 9月秋田県議会は19日、本会議を開き、高橋武浩(自民)、小原正晃(つなぐ会)、今川雄策(自民)の3氏が一般質問した。佐竹敬久知事は、政府が導入予定の地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)で米領グアムに向けた北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃できるとの認識を示したことについて「政府が日米両国(の防衛)用として配備するということだろう」と述べた。小原氏への答弁。

 地上イージスを巡っては菅義偉官房長官が18日の記者会見で、集団的自衛権行使が可能となる安全保障関連法の新3要件に該当した場合、米領グアムに向けた北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃することは可能だとの認識を示していた。

(全文 518 文字 / 残り 221 文字)