ジャンボカボチャずらり ハロウィーン出荷前に乾燥【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
ずらりと並んだジャンボカボチャを見る人たち
ずらりと並んだジャンボカボチャを見る人たち

 ハロウィーン(10月31日)を前に、秋田県美郷町浪花で収穫された観賞用ジャンボカボチャの出荷前の乾燥作業が行われている。畑の端には直径約35~70センチのカボチャがずらりと並び、見物客が連日訪れている。

 農家室谷栄進さん(48)が先月末から今月初旬にかけて、「アトランティック・ジャイアント」約90個を収穫した。重さは12~57キロという。乾燥させながら、劣化しにくいものを選別している。

(全文 438 文字 / 残り 243 文字)