正恩氏、トランプ氏と再会談希望 非核化の意思強調

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
平壌での南北首脳会談を終えて、ソウルの記者会見場に笑顔で入場する韓国の文在寅大統領=20日(共同)

 【ソウル共同=井上智太郎、上嶋茂太】韓国の文在寅大統領は20日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談を終え、ソウルに戻った。文氏は記者会見を開き、金正恩氏が非核化の意思を重ねて表明し、ポンペオ米国務長官の訪朝とトランプ大統領との再会談の早期実現を求めていると明らかにした。また5月に坑道を爆破した北東部豊渓里の核実験場の検証を「いつでも受け入れる用意がある」と金氏が表明したとも話した。

 文氏は国連総会出席に合わせて24日にニューヨークでトランプ氏と会談する予定。南北首脳が署名した共同宣言には書かれていない内容があるとし、トランプ氏に伝えると述べた。