特産のヒメマスの遡上本格化 十和田湖、今季初の地引き網

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地引き網で漁獲したヒメマスを選別する組合員
地引き網で漁獲したヒメマスを選別する組合員

 秋田県小坂町と青森県十和田市にまたがる十和田湖で、特産のヒメマスの遡上(そじょう)が本格化している。19日には今季初めて地引き網漁が行われ、湖畔の放流地点に「里帰り」した成魚を水揚げした。

 十和田湖では、地元の漁業協同組合がヒメマスの増殖を行っている。放流された稚魚は湖内で3年ほど過ごした後、繁殖のために同組合ふ化場(小坂町十和田湖字生出)脇の水路に戻ってくる。

 水路は石造りの階段になっていて、赤みを帯びた婚姻色に染まったヒメマスが段差を勢いよく跳びはねる姿が、初秋の風物詩になっている。

(全文 676 文字 / 残り 429 文字)