特殊詐欺被害防止に向け意見交換 男鹿署協議会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
特殊詐欺被害防止について意見を交わした男鹿署協議会

 男鹿署協議会(柴田彰会長)がこのほど同署で開かれ、委員5人が特殊詐欺被害の防止に向けて意見を交わした。

 阿部哲也署長が「県内では20代が特殊詐欺被害に遭う事案が発生しており、秋田県男鹿市内でもNHKや東北電力をかたる不審電話があった。地域の目線で防止策を提言してほしい」とあいさつした。

(全文 273 文字 / 残り 129 文字)