米東部で銃撃事件、3人死亡 薬局チェーン倉庫、容疑者死亡

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
20日、銃撃があった米東部メリーランド州ハーフォード郡で警備に当たる当局者(ボルティモア・サン提供・AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米東部メリーランド州ハーフォード郡にある大手薬局チェーン「ライトエイド」の集配送倉庫で20日朝(日本時間同日深夜)、銃撃事件があり、地元警察当局によると3人が撃たれて死亡、数人が負傷した。容疑者は同倉庫の女性臨時職員(26)で、現場で自殺を図り搬送先の病院で死亡した。

 AP通信によると、容疑者は午前9時ごろ出社した直後に同僚と口論になり、持っていた銃を撃ち始めた。目撃者によると特定の人物を狙った様子ではなかったという。

 現場は大型倉庫が並ぶ集配送センター。ライトエイドの広報担当者によると、同社の倉庫では約千人が働いている。