横手、秋田修英が決勝進出 秋季高校野球県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田商―秋田修英】3回裏1死満塁、秋田修英の山内が中前適時打を放つ
【秋田商―秋田修英】3回裏1死満塁、秋田修英の山内が中前適時打を放つ

 第70回秋季東北高校野球県大会第5日は23日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝が行われ、横手と秋田修英が決勝に進んだ。横手は2年ぶり、秋田修英は初めて東北大会(10月12~17日・秋田市)の出場権を得た。横手は延長の末に秋田を振り切り、秋田修英は打線が爆発し、秋田商をコールドゲームで下した。

 最終日の24日は同スタジアムで決勝と、東北大会出場を懸けた第3代表決定戦の秋田―秋田商を実施する。

(全文 245 文字 / 残り 48 文字)