「マサル」のきょうだい犬「勝大」 大館駅の観光駅長に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
観光駅長に任命された勝大(右)とおもち=秋田犬ふれあい処

 JR大館駅は23日、秋田県大館市の地域おこし協力隊員が飼育する秋田犬の「勝大(しょうだい)」と、県内生まれの白毛の雌「おもち」を観光駅長に任命した。2頭は駅前で市が運営している「秋田犬ふれあい処(どころ)」での活動などが予定されている。

 観光駅長の任命は、同市を秋田犬のふるさととしてPRし、観光振興につなげるのが目的。駅周辺で同日に開催されたイベント「駅―one.2018with大館駅サイト」に合わせ、駅前広場で任命式が開かれた。

 式では高橋仁司駅長から、勝大と暮らす加藤瞳さん(22)、おもちを育てている原田櫻さん(20)にそれぞれ委嘱状が手渡された。2頭には名前入りの前掛けと帽子が着けられ、イベント来場者がスマートフォンなどで撮影していた。

 勝大はフィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=に贈られた「マサル」のきょうだい犬で、赤毛の雄。「勝利」と大館市の「大」を組み合わせて命名された。現在の体重は約24キロ。

(全文 693 文字 / 残り 270 文字)