500歳野球にも「金足農旋風」? 後輩に負けじとOB奮起

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【八郎潟セイルズ―本荘尾崎スターズ】3回表2死、八郎潟セイルズの千田正が左越え本塁打を放つ=中川原第1球場

 八郎潟セイルズ(秋田県八郎潟町)は3回戦で前回8強の本荘尾崎スターズ(由利本荘市)を8―0と圧倒した。今夏の甲子園で準優勝した金足農高に負けじと、同校OBの1番千田清(65)と4番千田正彦(56)の「千田コンビ」が打撃で勝利を引き寄せた。

 2人とも甲子園出場経験はないが、後輩の大躍進に「OBとして誇らしい」と口をそろえる。千田正は「バントなどで確実に1点を取りにいくスタイルは昔から変わらない。自分も負けられないという気持ちにさせてくれた」と話した。

(全文 495 文字 / 残り 268 文字)