縄文遺跡群、世界遺産推薦を 秋田など4道県知事ら要請

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
丹羽副大臣(左から3人目)に要請した4道県の知事ら
丹羽副大臣(左から3人目)に要請した4道県の知事ら

 秋田、北海道、青森、岩手4道県の知事らが25日、2020年の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦するよう文部科学省の丹羽秀樹副大臣に要請した。

 4道県でつくる縄文遺跡群世界遺産登録推進本部長の三村申吾青森県知事、国会議員による世界遺産登録推進議連の鈴木俊一会長(衆院岩手2区)、秋田県議会世界遺産登録推進議連の川口一会長らが文科省を訪問。「関係自治体では、1年でも早い登録実現を目指し、全力で推薦書の改定作業を進めている」などとする文書を提出した。

(全文 533 文字 / 残り 278 文字)