障害者雇用水増し、秋田市も不適切算入

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所
秋田市役所

 中央省庁や地方自治体による障害者雇用の水増しが相次いでいる問題で、秋田市も障害者の雇用者数を水増ししていたことが25日、関係者への取材で分かった。不適切な算入は複数に上るとみられる。国のガイドラインに定められた障害者手帳の確認などが不十分だったという。

 一連の水増し問題を受け、秋田労働局が同日をめどに県内市町村に障害者の雇用者数を再点検し、報告するよう求めていた。市人事課は「現時点では何も話せない」としている。26日の市議会総務委員会で説明する。

(全文 430 文字 / 残り 204 文字)