スイカのビール、後味ほんのり 羽後麦酒とJAがコラボ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
緑色のラベルが目を引くスイカビール

 秋田県羽後町のクラフトビール製造・羽後麦酒(鈴木隆弘代表)は、町特産のスイカを使ったビールを開発した。JAうご西瓜生産部会(高橋正隆部会長)とのコラボ商品。

 通常のビールの原料に果肉を加えて発酵、熟成させ、330ミリリットルの瓶300本分を仕込んだ。1本680円(税込み)。ラベルは町出身の漫画家・おおひなたごうさんがデザインした。道の駅うごや道の駅十文字などで販売している。

(全文 484 文字 / 残り 295 文字)