台湾から秋季チャーター第1便 秋田空港、通年100便に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
なまはげと一緒に記念撮影をする台湾人観光客

 台湾からの観光客を乗せた本年度の秋季チャーター便第1便が26日、秋田空港に到着した。遠東航空(台北市)と中華航空(同市)、エバー航空(桃園県)の3社が11月28日まで計70便を運航する予定となっている。

 第1便は、台北発の遠東航空で、ほぼ満席となる153人を乗せ、同日午後0時45分ごろ秋田空港に到着した。

(全文 572 文字 / 残り 418 文字)