13日から全国障害者スポーツ大会 県選手団、結団式で健闘誓う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
選手を代表し、誓いの言葉を述べる水泳の遠藤選手
選手を代表し、誓いの言葉を述べる水泳の遠藤選手

 第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」に出場する秋田県選手団(佐々木光雄団長)の結団式が27日、県正庁で開かれ、選手、役員計68人が健闘を誓った。大会は来月13日から3日間、福井県で行われる。

 本県からは陸上競技、水泳、卓球、アーチェリー、フライングディスク、ボウリング、バスケットボールの7競技に計35選手が出場する。

(全文 439 文字 / 残り 270 文字)