吉本興業がスマホ向けゲーム事業 対戦勝利でギフト券獲得も

お気に入りに登録

 吉本興業は28日、インターネットサービス大手2社と組んでスマートフォン向けのゲーム事業を開始したと発表した。他の利用者と対戦して勝利すると、アマゾンギフト券と交換できるポイントが獲得できる。ゲームはいずれも利用無料。

 サービス名は「mspo(エムスポ)」。まずは「テトリス」のような落ち物パズルゲーム「どうぶつタワーバトル」など四つのアプリを用意した。

 今後は順次、アプリの数を増やす方針。獲得ポイントの交換対象として、NTTドコモの「dポイント」も追加する予定だという。

 運営会社はガンホー・オンライン・エンターテイメント、サイバーエージェントと設立した。