東欧の地上イージス(4)ルーマニア ブースターの落下懸念

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
隊員の居住空間である隊舎(左)は地上イージスのレーダーがあるデッキハウス(奥)から180メートルの位置にある
隊員の居住空間である隊舎(左)は地上イージスのレーダーがあるデッキハウス(奥)から180メートルの位置にある

【ルーマニア・デベセル基地(4)】

 ルーマニア南部の米軍デベセル基地の中は、弾道ミサイルの脅威を防ぐための迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)が目の前にあるとは思えない、のんびりとした雰囲気だった。

 レーダーのあるデッキハウス周辺は静かだ。一般道から遠く、街のけんそうも聞こえない。基地では時折、会議の合間に出歩く米兵のほか、屋外のあずまやの下で、基地で働くルーマニア人が談笑しているのを見かけたくらいだった。

 「とても静かでしょう。訪れた人は大抵、それに驚く」と基地の米軍関係者は口をそろえた。

(全文 1107 文字 / 残り 848 文字)

この連載企画の記事一覧