遠い風近い風[小嵐九八郎]金足農高のうねり

お気に入りに登録

 銭湯が、好きだ。湯を贅沢(ぜいたく)に江戸時代の殿様みたいに使え、かみさんの「ガスの節約を、地球温暖化を考えなさいっ」の我が家の風呂での文句を聞かないで済む。文句自体は正しい。

 月の半分は仕事場の共同浴場に入るけれど、半分は川崎の自宅から300メートルほど歩く横浜の銭湯に行く。“風呂トモ”と互いに呼びあっているが、あれこれ、天気のこと、大相撲のこと、天災のことと話しあえて、老人には会話による脳の活性化をくれて嬉(うれ)しい気分だ。ま、政治の話はタブーで、いつか自民党ファンと野党支持者で脱衣場にて乱闘したことがあり、物足りないが自粛している。

(全文 1263 文字 / 残り 989 文字)

この連載企画の記事一覧